プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
大阪市に住んでいる1968年製で、三人の男の子を持つおんぼろ極悪オヤジです(笑)

2003年ごろからオオクワガタの飼育をし始めましたが、まだまだ全然わからないことだらけです。
主にオオクワガタを飼育し、昆虫採集に出かけた時にキープした虫も飼育しています。
たまーに外産もやりますが…。

釣りも大好きで、バス、鯉、シーバス、アオリイカのエギング、波止、磯とほとんどの釣りをします。

まだ、子供が小さいので、なかなか行けないのですが…。

夢はアカメの1mオーバー釣り上げる事です。
ジャイアントトレバリーもやりたいんですが、お金と体力がが…。

只今、タガメを求めて、色々と奮闘中です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


Trend Match


最新トラックバック


MicroAd


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めた

 明日実家に行くことは、前にも書きましたが、やっと決心がつきました。
何がって?
次回のLSAを製作するときは、流木等はおいといて、近所の植物オンリーで製作するつもりだったのですが、やはりちょっと無理がありそうで・・・。
ならば、実家の近所の森から植物を借りてきて、製作しようかと・・・。
LSAの本筋とは離れてしまうんですが、今現在のオイラの環境では不可能と判断いたしました。

 本当は、近所から借りてきて、もしひっくり返しても大丈夫!にしたいのですが、今の環境ではどれが在来種でどれが持ち込まれてきたものなのか?を見分けることがオイラにはできないんです。
大阪という土地柄、本当に昔から人の手が入っており、各地から植物等が持ち込まれ、完全にシャッフルされている。
森兵衛さんがよく言われている『パズルのピース』を見付けることは、現時点のオイラにはできないんです(涙)

 じゃあ、せめて本当に限定された地域でそこに生えている植物のみで、閉鎖空間を作るしか作るしか現時点のオイラには手が無いんです。

 実は、この手法をとるのは、本当に簡単なことなんですが、やはりLSAの本筋とは離れてしまうので、何とか自宅付近で材料を借りてこようと努力しました。
過去の地形やも植生なんかも、調べまくりました。
調べれば調べるほど、わからなくなるんです。
1000年前どころの騒ぎじゃなくなってくるんです。
例えば四天王寺。
神社やお寺の木なんて、おいそれと移動させたり切り倒されたりしないじゃないですか。
ちなみに四天王寺が建立されたのが、593年と言われています。
ちゅう事は、その頃にはすでに大勢の人間たちが、街を作っていたということですよね?
しかもその後、1576年に焼失し豊臣秀吉によって再建されるが、1614年にまたもや焼失1801年には落雷で焼失、1945年には大阪大空襲で焼失してしまっているんです。
いくら自然は偉大だと言っても、4回も焼失したら・・・。

 という訳で、考えれば考えるほど近所で植物を借りてくるというのは『不可能』と言う答えにたどり着いてしまうわけで・・・。
言い訳としか言い様が無いですが、ピンスポット例えば10m×10mの範囲で借りてきた植物でLSAを作り、できうる限り、外に漏らさないように管理のが、現時点では私にとってベストな方法なんだと考え、よその土地から借りてくることを決意しました。
当然、LSAが維持できなくなったら、借りてきたところに戻すつもりです。
この方法には、賛否両論があると思いますが、私のアホな頭では『現時点ではこうするしかない』と言う結論に達しました。

 まあ、『緑のDNAバンク大阪出張所』は、失格ですね。
でも、関心を持ち続けることによって、答えが見えてくるかもしれませんので、今回はこういう手法でLSA作りをしますが、いつの日か近所の植物でLSA作りができるよう、活動したいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

地域在来種…

地域在来種って確かに分かんないですよね…。
道路脇とかなら、全然違う土地から車なんかに連れられて運ばれて来て根付いた物の可能性が大だろうし…。
公園でもいつ出来て、何処から連れられて来た植物か分からない。

1番無難で古くからその場所にありそうなのは神社とかなんですかね?
うちの近くには観音があって建物もかなり古そうだけど いったいいつからあるんだろう…??

地域在来種っていつ頃からの事を言い、どの程度その地域に有れば地域在来種と呼べるんですかね?

まっちゃんさんはかなり調べたりしたんですね!
僕はそこまで考えた事が無かったです。
2010-03-23 16:22 りくちかパパ #- URL編集 ]

そうなんですよね

 りくちかパパさん毎度毎度。

 う~ん、神社も微妙なんですよね~。
だって、人工的に建てられた物なんですから・・・。
神が宿る木とか、偏ってるしねぇ。
お寺も、同様なんですが・・・。

 やはり、自然発生している森から借りてくるしかないんじゃないかと・・・。

 おっしゃる通り、いつからその地域にあればって事なんですが・・・。
それを考えちゃうと、地球の誕生から考えないといけなくなっちゃいますものね。
私の考えだけで『ここから』って線引きするだけの、根拠も無いし・・・。

 ほんと、この件についてはもっと慎重に考えなきゃならないと思うんです。
なんで、『緑のDNAバンク大阪出張所』は、現在準備中と言うか、頓挫してしまっているのが現状なんです。

 ぶっちゃけ、えらいもんに足を突っ込んでしまったって、ちと後悔してます(笑)
2010-03-24 05:51 まっちゃん #A1vz8dvw URL [ 編集 ]

ども~(^O^)/

ホント街中は全てと言っていい位人の手が入ってますよね。
近くに森も無いし…河川敷とかも明らかに整備されてるから…。

ですから僕は50年位そこにある植物なら、元々の在来種ではないけどその地域に馴染んでいる訳だし『移動』は自然の節理だと考えれば、地域在来種として考えてもいいのでは?と思います。(ちょっと考えが甘いですかね?)

『緑のDNAバンク』大変そうですよね…。これは甘い考えでは駄目そうだし。
頑張って大阪の未来を切り開いて行って下さい!!(ちょっとクサイ台詞になっちゃいました(^^ゞ)
2010-03-24 18:15 りくちかパパ #- URL編集 ]

どもども

 はい、私は甘く考えすぎておりました。
調べるほどにドツボに・・・。

 人間が生活していくうえで、やはり自然破壊はどうしても起こるものなのかな~なんて最近思い始めていたりして・・・。

 いくら移植しても、『所詮人間のエゴ』なんじゃないかな~なんて考えたりもしたりして・・・。
私の中で納得する回答は、まだまだでません。

 でも、いずれは何かが見えてくると思って、細々と活動を続けようと考えています。
2010-03-24 22:27 まっちゃん #A1vz8dvw URL [ 編集 ]

そんな事無いですよ~

確かに人が生活する上で自然を壊していってしまうのは事情かもしれませんが、『移植』という活動は大変だけどとても意味のある活動だと思います!
人が壊し…失ってしまった森は戻らないかもしれないけど、新たな森を人の手で作ればそこにいろいろな植物や生物が住み…何十年…何百年経てばそこは自然そのものになるんじゃないでしょうか!?

『緑のDNADバンク』はとても素晴らしい活動ですよ!!
2010-03-24 23:04 りくちかパパ #- URL編集 ]

う~ん

 りくちかパパさん、毎度だすぅ。

 う~ん、そういう考え方もあるんですが・・・。
極論ですが、例えばブラックバス、外来魚ですよね。
時が経てば、日本のもの?って事になっちゃいかねないような気が・・・。

 木は、じわじわとその生息地を広げ、その地域にあったものだけが淘汰されて繁殖していくと思うんですよね。
公園なんかでは、日本にありえない木や草花が生えていますよね。
果たしてそれが、日本の自然だと言い切れるでしょうか?

 クワガタにも地域個体差があるように、植物にも地域個体差があると思うんですよね。
森兵衛さんが言いたいのは、『元々そこに生えていたもの、或いは、その周辺から勢力を広めていった木々を増やそう』って事なんだと私は理解しているんです。
なので、「元々こんな木が生えていたんだからあの公園から取って来たら良いや~」ってのとは、根本的に違うんです。
だって、その公園に生えている木は、どこから来た物か得体が知れませんから・・・。

 なので、メチャメチャ悩んで、『最初の一歩』が踏み出せないんです。
2010-03-25 00:21 まっちゃん #A1vz8dvw URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://lsakabukuwa.blog123.fc2.com/tb.php/33-47f48c34

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。