プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
大阪市に住んでいる1968年製で、三人の男の子を持つおんぼろ極悪オヤジです(笑)

2003年ごろからオオクワガタの飼育をし始めましたが、まだまだ全然わからないことだらけです。
主にオオクワガタを飼育し、昆虫採集に出かけた時にキープした虫も飼育しています。
たまーに外産もやりますが…。

釣りも大好きで、バス、鯉、シーバス、アオリイカのエギング、波止、磯とほとんどの釣りをします。

まだ、子供が小さいので、なかなか行けないのですが…。

夢はアカメの1mオーバー釣り上げる事です。
ジャイアントトレバリーもやりたいんですが、お金と体力がが…。

只今、タガメを求めて、色々と奮闘中です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


Trend Match


最新トラックバック


MicroAd


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よっしゃ、明日の計画決定

 明日、保育園の親子遠足に行って、夜はお兄ちゃんの空手が終わってから、晩飯飯食ってオイラの実家へ昆虫採集に行こうと決意しました。
でも、この寒さじゃ無理かな?

 もう、田んぼにも水がはってあるし、そろそろ樹液も出始めていると思うので、何とか捕れるかも・・・。
でも、この気候じゃあ無理かな?
もし無理でも、実家に置いてある元木ホワイトアイの幼虫達を、持って帰ろうかと・・・。

 実家の地下室って、中々良いと思っていたんですが、ちょっと室温が低いみたいで、幼虫が冬眠状態に入って、なかなか餌を食べてくれないんで、我が家のクワ部屋に移した方が、何かと良いかも?と思いまして・・・。
多分我が家に移動させたら、蛹化スイッチが入って、夏には成虫になるかも?
まあそれはそれで、大変なんですが・・・。

 我が家には、コクワとヒラタが圧倒的に少ないんで、何とかしなければ・・・。
LSAで飼育するにも、大きすぎたり小さすぎたり・・・。
しかも、ワイルドの越冬個体なんで、いつ☆になるか・・・。

 明日は、何とかしてコクワかヒラタをGetしてこなければ、先行きが不安なんで・・・。
ちと、マジで気合入れて樹液採集頑張って来ます。

 明日は、一日中思いっきり遊んできます。
スポンサーサイト

コメント

どもどもっ(^^ゞ

久々のコメントです。
最近何かと忙しくて…。

今日は親子遠足なんですね(^ー^)
僕も子供の遠足参加したいけど、土曜日はだいたい仕事だし…日曜になる事はまず無いし…無理そうです(´Д`)


クワガタ採集ですかぁ~!
樹液が出てれば期待もありそうですけどね…。

僕も今日の夜勤終わってから現場近くの木を見に行こうと思っています!
去年は55mmのヒラタとコクワに多数出会えた場所です!めちゃめちゃいいウロがあるんです(^^)v


でも今年は小数のクワガタ達で累代して行きたいなと考えているので、ちゃんと管理して…幼虫が取れたら元の場所に返す事も考えています。
本当はエコテラに飛来してくれれば最高なんですけどね…。

LSAに入居させる個体って…三本木に入れないといけないけど、入れれば小さな個体でもいいんじゃないですか?
個体のサイズを選ぼうと思ったら結構な個体数が必要になりそうだし…。
2010-05-29 16:25 りくちかパパ #- URL [ 編集 ]

あ~しんど

 いやはや、親子遠足、メッチャ疲れましたわ。
おまけにメチャメチャ冷え込んできて、クワ採集中止です。

 クワ採集といえど、今あるLSAに、ピッタンコサイズのクワを捕るだけで、後は、スルーです。
そんなに捕っても、しょうがないし・・・。

 あの~、賛否両論ありますが、1度飼育して、ブリードした個体を放虫するのはどうかと・・・。
その種だけが増えると、ある意味生態系を崩す事になるのでは?
ちと、慎重になってみてくださいませ。
2010-05-29 22:30 まっちゃん #A1vz8dvw URL [ 編集 ]

お疲れ様…。

クワガタ採集は中止したんですね。

放虫というか…成虫1ペアを一度家に来てもらって、産卵させて幼虫を確保出来たら今年のうちに自然に返してあげると言う事ですよ!

もちろん累代して羽化させた成虫を放虫するつもりはありません(^ー^)


LSAにピッタリサイズはなかなか難しいですよね…。
僕はサイズより形の良い個体が理想ですね(^^ゞ
アトリエの『光の堆積』のヒラタ君…大きくは無いのに形がカッコイイし理想的です!!

オオクワ♂の45mm位のも欲しいんですよね。
今年のマット飼育個体達は小さいのが多いし、ちょっと期待してます(^^ゞ
2010-05-29 23:12 りくちかパパ #- URL [ 編集 ]

チビオオクワガタの作り方

 ちっちゃいオオクワガタの作り方は、簡単ですよ。
環境を悪くしたら、出来ちゃいます。
私の知り合いで、20mm以下のオオクワ♂を作る事に挑戦した方がいらっしゃいまして・・・。
22mmが最低だったとおっしゃっていました。
どんなに環境を悪くして、温度調整をしても、「22mmの壁は厚い」とおっしゃっていましたよ。

 採卵して元に戻すのも、いかがなものかと・・・。
結局、元に戻した所で、産卵数が減り、生態系に影響を与えるのは事実。
まあ、「戻さないよりマシかな?」と思うのは、私だけでしょうか?

 魚釣りで、キャッチアンドリリースってありますよね。
あれもどうかと・・・。
なんか、「逃がしてやっているから、俺は自然に優しい」って、ごかいしている輩が多いと思うんですよねぇ。
リリースした魚が、全部生き延びるとでも考えているんでしょうかねぇ?
「リリースした魚が、どのぐらいの確率で生き残れるか?」まで、考えてリリースしている人ってほとんどいないような気が・・・。

 ちょっと極端ですが、それと同じ事かもしれませんよ。
2010-05-29 23:39 まっちゃん #A1vz8dvw URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://lsakabukuwa.blog123.fc2.com/tb.php/85-0a96d6f8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。