プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
大阪市に住んでいる1968年製で、三人の男の子を持つおんぼろ極悪オヤジです(笑)

2003年ごろからオオクワガタの飼育をし始めましたが、まだまだ全然わからないことだらけです。
主にオオクワガタを飼育し、昆虫採集に出かけた時にキープした虫も飼育しています。
たまーに外産もやりますが…。

釣りも大好きで、バス、鯉、シーバス、アオリイカのエギング、波止、磯とほとんどの釣りをします。

まだ、子供が小さいので、なかなか行けないのですが…。

夢はアカメの1mオーバー釣り上げる事です。
ジャイアントトレバリーもやりたいんですが、お金と体力がが…。

只今、タガメを求めて、色々と奮闘中です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


Trend Match


最新トラックバック


MicroAd


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉いもんを見てしまった

 いや~、マジでサボりすぎですね、このブログ。
今日は、偉いもんを見てしまいました。

 何が?って。
オオクワガタって、ゼリーをメチャメチャこぼすじゃないですか?
ほんでもって、16gのゼリーなんて♂のオオクワガタは、角が邪魔ではじめのチョロットしか食べられないじゃないですか。
ゼリーをエサ皿に入れずにセットしていると、個体によってはマットの上にこぼしまくって、マットがすぐに腐っちゃう。
もしくは、頭を突っ込んで、ぜりーの底を角をはさみ込んで、そのままになっちゃう個体もいるし・・・。

 オイラの場合、1番デカイゼリーを数個買って、その容器をえさ皿に入れてカップの中に18gのゼリーを入れていたんです。
それなら、ゼリーをブチ撒く事も無く、マットも綺麗な状態が保てて、今んところベストな方法だと思ってたんです。
これにも、難点がありまして・・・。
ゼリーの空気と触れ合う表面積が増えるので、すぐに腐っちゃうんです。


 で、本日、16グラム2穴のエサ皿に2個セットしているブリード中のオオクワガタのケースを覗くと、信じられない光景が・・・。
なんと、オオクワガタの♂が前足2本使って、底の方のゼリーをかき集めて食べていたんですよ。
「そんな事知ってるわ~」って方もいらっしゃるでしょうが、その光景を見たときは、「オオクワガタって、メッチャ賢い」って、感動してしまいました。

 今、森兵衛さんが、「ゼリーカップ付きの三本木は、作らない」とおっしゃってますが、確かに見栄えは悪いですよね。
けど、各種糖分を配合して自分でエサを作るってのもどうなんでしょう?
LSAって、小さな自然を再現するんじゃなかったんじゃないでしょうか?
何か、本道から外れてきているような気がして・・・。

 アートを取るか、自然を取るか・・・。
なんだか訳がわかんなくなってきました。

 まあ、パートタイムで生体を入れない私が、偉そうなことはいえませんが・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。