プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
大阪市に住んでいる1968年製で、三人の男の子を持つおんぼろ極悪オヤジです(笑)

2003年ごろからオオクワガタの飼育をし始めましたが、まだまだ全然わからないことだらけです。
主にオオクワガタを飼育し、昆虫採集に出かけた時にキープした虫も飼育しています。
たまーに外産もやりますが…。

釣りも大好きで、バス、鯉、シーバス、アオリイカのエギング、波止、磯とほとんどの釣りをします。

まだ、子供が小さいので、なかなか行けないのですが…。

夢はアカメの1mオーバー釣り上げる事です。
ジャイアントトレバリーもやりたいんですが、お金と体力がが…。

只今、タガメを求めて、色々と奮闘中です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


Trend Match


最新トラックバック


MicroAd


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてと、明日は…。

 いや~っ、とうとうケツに火がついてきたかも?
明日は、奈良へ遠征しようかな?

 昨日電話で、採集の師匠に、「ミヤマは保険かけとかなアカン、いつ死によるかわからんからな~」と、プレッシャ~かけられたし、カブトムシも発生のピークを過ぎちゃったみたいだし…。
ここは、元奈良県民の意地を見せなければ…。

 まずは、奈良〇〇〇〇センターに電話して、カブトムシ50ペアー買って、ミヤマとスジクワ買って…ってちゃうやん!
採集に行くの!
でも、ガソリン代と労力考えたら、最初から買った方が安上がり…って、ちゃうやん!
「捕ったど~~~~っ」って叫びたいから行くんやん!

 っと、自分を奮い立たせてみる…。
「明日虫捕り行くど」っと、長男殿に半ば脅しをかけても、友達の家にゲームしに行くらしい…(涙)

 しか~し、オイラにゃ二男殿がいる。
二男殿はノリノリで、「行くど~~~」って張り切ってるけど、イマイチ頼りないんだな~。
まあええか…。

 さっきもお風呂に入りながら長男殿を「マジでワイルドオオクワ捕れるかも知れんで」「父ちゃん完全フル装備やで」「全開モードで行くからタコ捕れやで」と、誘惑したけどゲームには勝てなかった…(涙)

 オイラが何故に、長男殿にこだわるかと言うと、やはり起きる時は起きて、寝てもいい時は寝て、アシスタントにはピッタリなんですよ。
さすが、生駒でがけから2人で一緒に転げ落ちた迷コンビなんですよ。
この間も、ネブトを見つけて大手柄だし、とにかく小さいクワガタにはめっぽう強い(親ばか)。
小学校2年生の時に、ドクトルマンボウ昆虫記と、ファーブル昆虫記を読破した強者ですから~。

 っと、このブログを書きながらも、ゆさぶり攻撃をかけているんですが、なかなか意志が固いようで…。
ちょっと、あいつには良い目させ過ぎたかも…。
92cmの鯉を釣らせてやったり…。

 と言っていたら、交渉成立、長男殿にも行ってもらえることになりました~~~。
標本の展足板と纏足針と標本針で、買収しました~。

 ちゅうことで、明日は、奈良県全域を荒らしに行きますので…。
朝まで帰らないつもりです。

 ではでは、気合入れて行って来ます。

挨拶しらんのか?(怒)

 挨拶は大事ですよね。
最近、挨拶できない人が多すぎません?
「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「毎度~」これはちょっとちゃうか…。
会釈するだけでも全然違うのに…。
ホンでもって、最近自然の恐さを知らない、平和ボケした大人?が、増えているような…。

 この間採集会に行った時の事、我々フル装備のご一行の中に、全然別の何の関係もない家族が、割り込んできまして…。

 まあ、とある公園で、草もほとんど生えていないような所で、クワガタやカブトムシがとれる、不思議な所なんですが…。

 そんな公園に我々がまだ明るいうちに、採集に出かけ、後から懐中電灯も持たず、サンダル履きの半袖、半ズボンの、親子が乱入してまいりまして…。

 私が、一本の木のメクレを丹念に捜索している時、周りには仲間の子供たちが取り囲んでいたんですが…ズルッって音がして、坂の上から男の子が転げ落ちてきました。
幸いその男の子も、仲間たちにも怪我はなかったのですが、一歩間違えたら他人を巻き込んで大怪我をさせるところでした。

 普通、先行者がいる時に、挨拶しません?
挨拶無しに、巻き込まれちゃたまったもんじゃありません。
両親が付いてるんですよ、おかしいと思いませんか?

 まあ、公園やそこに来る虫達は、我々だけのものじゃありません、みんなのものです。
でも、一言かけるのが礼儀ってもんじゃありませんか?

 私と、仲間たちは、そんな事があったので、すぐにその場を離れましたが、車に戻る時お母さんらしき人がサンダル履きの右足を押さえて何やら叫んでいました。

 私は当然、無視…。
師匠も無視…。
でも、うちの長男殿とチビちゃんは、その人の足に懐中電灯を向け離れません。
私が、戻って来るよう促すと「この人ハチに足を刺されたみたいやねん」と、心優しい長男殿が…。
私は、「そうか、でもみんなで移動するから早く来い」と、その場を離れました。

 冷たい奴、とお思いでしょうが、後から超軽装で来て、人の懐中電灯を使って虫の観察??
そんな虫のいい話あります?
ひと声かけて来たら、話は違いますが、声もかけずに乱入してきて、こっちは巻き込まれそうになり、勝手にハチに刺されて…。

 一応いくら安全な公園とはいえ、カブトムシやクワガタがいる公園なんです。
当然スズメバチもいます。
自然をナメ過ぎるのもいい加減にしてほしい。
そして人様に迷惑をかけるな!
ひと声ぐらい声をかけろよ!!

 と、本日は、ぼやいてしまいました。

天神祭~。

 今日24日と明日25日は天神祭ですね~。
我が家は行きませんが…。

 いやはや今年はなんかおかしい。
昨夜の採集会では、無事うちの長男殿がネブト♂をゲットしたんで、まあまあ良かったと言えば良かったんですが、カブトムシが…。
私も一応♂1匹を捕獲することに成功はしたんですが、サイズが…。
5cmぐらいしかないんですよ。
パッと見た時、『黒いブンブン?』と思ったぐらいで…。

 ノコは、2ペア師匠がスズメバチに果敢にアタックして捕獲されて来られ、参加した4家族の中で、3家族しか捕獲できることが出来ず、その中でもカブトムシ1ネブトクワガタ1を捕った我が家が1番?と言う超低レベルな採集会になっちゃいまして…。

 毎年そうなんですが、皆さん本当にクワガタなんか捕ったことが無い方々が多いので、仕方ないと言えば仕方ないのですが…。

 採集会の後、カブトムシ相撲に使えるような大きなカブトムシを捕りに、能勢にでも行こうか?と思ったんですが、一番チビさん(4歳)もいることだし、涙を飲んで中止。

 明日早く起きて、カブトムシとスジクワでも探しに行こうかと…。
んで、帰りにチビクワさがしと…。

 どなたか、心の優しい方、大阪市内から行けるカブトムシポイントを教えてえて頂けないでしょうか?
今週中に30ペアぐらいは、集めないといけませんので…。
出来れば、スジクワ、チビクワのポイントも…。

 絶対に他には洩らしません、今週しか行きませんので、ブログの内緒モードで教えてください。
お願いいたします。

 もう、私のデータベースでは対応不能です(涙)
自分なりに努力はしているのですが、どうしても結果が出ないのです。

 どなたか、助けてください。
お願いいたします。


ネブトゲット!!

 何となんと、ネブトクワガタをGetすることにせいこういたしました~っ!!
しかもペアで…。

 ♀は、お友達が…。

 ♂は 、何と我が長男が捕まえてくれました~。

 い~ん、後はチビクワと、スジクワだけになりました。
ミヤマクワガタは、今日現在捕獲済みでした。

 あと2種類、捕れるかな??


 んで、みのお祭り、最新情報ですが、やはり生体の販売は無理だそうです。
 しか~し、飼育用品を販売いたしますので、皆さん是非是非来てくださいね。
まあ、なんてことない普通のプラケや、産卵木、餌、エサ皿が中心になると思いますが…。

 でも、私はご本家様より譲り受けたオオクワガタを展示します。

 皆さん、本物を見るチャンスです、昆虫館もカブト相撲も、タダですから…。
こなきゃ損ですよ。

痛恨の一撃

 ひえ~っ、捕らぬ狸のなんとかとは、まさにこの事です。
本日って、もう日が変わったか、『まっちゃんカブクワ探検隊』ご一行が、大阪南部のお気軽ポイントに、スジクワと、ミヤマクワガタとカブトムシを捕獲しに、行ってまいりました。

 で、結果はと言うと…。
まあ、聞かないのが優しさと言うもんです…(号泣)

 なんだかな~、夏休み初日ちゅうか、本当は、終業式の日なんですが、現地には、21時30分ごろ到着したのですが、まさか、こんな事になるなんて…。
行きの車中、「おいっ、きかしさんとこの子供さんと一緒にいこか?お父さんお疲れやから、子供さんだけ拉致して行こうか?」「あ~あ、行き過ぎてもーた、まあええか、また今度があるさ」と、皆やる気満々でしたが、まさかこんな事になろうとは…。
多分、一番チビの隊員を家に置いてきた怨念の仕業?

 ポイントに着いて、「う~ん、樹液のにおいしてるね~♪」「今日は楽勝~♪」「お父さん、どうやって持って帰る?そんなにケース持ってこんかったで~」と、ふざけたことをほざいて、目指す木に…。

 1本目・・・ はへっ?蛾しかおらんやん、まあええわ、ここは、本命ちゃうし…。

 2本目・・・ ありゃ?樹液出て無いやん。どないなっとんねん。水はいっぱいあるやろが、根性無しの木。と、悪態をつき。目指すはご神木~。

 3本目(ご神木)・・・ いきなり来た~、狙いのスジクワらしい、しましまヒップ…。
慌ててピンセットで掴んだけどつるり…。
洞の奥へ…。
ホンナラこうじゃ~っと、必殺まっちゃん特製16種類の伝説の書き出し棒を取り出したのもつかの間、余計に奥に行ってしまって…。
その木に詳しい人はわかると思うのですが、メチャメチャ複雑な洞なので、あんな小さな個体は、切り倒さない限り捕獲不能なんです。
がっくりと肩を落として…。

 4本目・・・ ♂のカブトムシ発見、父ちゃん頑張る…。
5秒間の格闘の末無事捕獲。
真っ赤な個体の憎いやつ。
でもちっちゃいし~(涙)
でもね、でも、160ルーメンのLEDのヘッドランプで見たその眼は、確かにピンクアイだったんですよ。
みんなで、「いえ~い、ピンクアイのカブトムシゲット~」とおたけびを上げました(爆)

 んで、ここのポイントから移動、すぐ近くのポイントへ…。
去年は、ハズレ無しのみんなが見逃すポイントです。
ちなみにミヤマの実績もあります。
ここでは、コクワのペアとカブトムシ♀を発見したのですが、車にニョイ棒を忘れ、捕獲失敗…。

 結局、片道1時間かけてピンクアイの♂のカブトムシ1匹捕獲しただけで、がっくりしながら帰路に着きました。
途中セルフのスタンドによって、ガソリン超満タンにし、調子に乗り過ぎて、ちょっとこぼしちゃいました(涙)

 で、家に帰って、戦利品のピンクアイのカブトムシ♂を、見ていると、なんか変…。
何がって?
目の色ですよ。
普通のカブトムシと一緒じゃあ~りませんか…。
ピンクアイのカブトムシを『まっちゃんピンクアイsp血統』として、売り出そうと考えていた計画がもろくも崩れ去りました(爆笑)

 親子で何やってんだか…。
ホンマ、やっぱり北摂か、能勢に行けばよかった。
サイズが違いすぎますからねえ。
こんなのだったら、逃がしてきてあげたらよかった。

 あ~あ、なんだかな~。
今年は、全然捕れない気がしてきた…。
多分、不本意だったのですが、勉強会の為に某所で材割採集してしまった祟りかも…。
もう、森部衛さんに三本木売ってもらえない事しちゃった…。
う~ん、こりゃヤバいぞ、スジクワ捕れないかも…。
また頼んじゃおうかな?
どうも、ヒラタは得意なんですが、他はダメなんですよね~。
明日は、もっと少数精鋭部隊で、バイクで生駒に行こうかと…。
このショックを乗り越えられたら…ですが…。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。